2016/07/04

遂に来た! ASUS ROG STRIX GTX1080 8GBモデル!

2016年7月2日土曜日、遂に届きました!!

ASUS ROG STRIX GTX1080!!

以下が画像です!

securedownload.jpg

s_securedownload (1)

かっこいいですね~

スペック
・コアクロック
Gaming Mode(デフォルト) - GPU Boost Clock : 1898 MHZ , GPU Base Clock : 1759 MHz
OC Mode(付属ソフト使用時) - GPU Boost Clock : 1936 MHZ , GPU Base Clock : 1784 MHz
・メモリクロック
10010 MHz
・インターフェース
DisplayPort×2 (スタンダードサイズのDisplayPort)
HDMI×2 (HDMI 2.0)
DVI(DVI-D×1)
・消費電力
最大300W(8ピン補助電源コネクタ×1、6ピン補助電源コネクタ×1)
・サイズ
約298 mm×134 mm×40 mm(W×D×H)
※ASUSサイトから引用

かなり、高性能ですねw

実際、GTA5でも最高設定でも50以上は出ていました。

R6SやBF4などでも、全然問題無いです。

基本的なゲームなら、最高設定でもできそうです。

Crysis3の場合、試してませんがさすがに厳しいと思います。

3D Markでベンチも測ってみましたが、だいたい16851あたり出ていました。

最初の場面では100fpsもでているので、最強です。

今では、一番最強のグラフィックボードですね。

近日、GTA5のベンチマークを公開しようと思います。
スポンサーサイト
2016/06/24

ASUS ROG STRIX GTX1080の発売日、値段確定!

ASUSから発売される予定のGTX1080ですが、ようやく発売日と値段がわかりました。

発売日が7月2日となっており、値段のほうが店頭税込価格で103,658円となるようです。

ようやくですね~。

案外、どこのメーカーとも変わらない値段ですねw

ZOTACのAMP Extremeと悩んだんですが、ASUSで揃えたいというのもあったので結局これにしましたw

電源フェーズ数は圧倒的に負けるものの、そこまでOCをしないなら必要ないでしょう。

楽しみですねw

将来的には、SLI構成にもしたいと考えています。
2016/06/15

ASUS GTX1080について

米国時間、5月6日にNVIDIAから新製品が発表された。

それが、GTX1080です。

NVIDIAオリジナルとして、Founders Editionという名で知られているもの。

値段も通常のリファレンスの100$高い。

他に、各社からもオリジナルのファンモデルが発表され、中にはすでに発売しているモデルもある。

それが、GIGABYTEだ。

GIGABYTEのグラボは2つモデルがあり、1つは一般的なG1 Gamingシリーズのもの。

8pin1つで動き、クロック数もOCされたもの。

もう一つは、更に強化されたXtremeシリーズ。

8pin x1 8pin x1になると思われる。

これはこれで、かなり性能が良さげっぽいですね。

だが自分が狙っているのは、ASUS!!

なぜ、ASUSか?

単に、ブランドで選んだだけ。というわけですw

まぁ他にも、現時点では他社より高速なのも理由ですねw

それでも、クロック数だけが全てではないのですが・・・w

そもそも、ASUSは冷却性に問題があると言われている。

Direct CUⅢでは、GTX980Tiに搭載された時、何故かGPUコアと位置がずれることがあった。

そのため、他社よりも温度が高くなる傾向になったという。

だが、今のGTX1080は3連ファンを積み、GPUコアの位置もちゃんとしていた。

しかしながらも、やはりヒートパイプが直接、他社は台座にパイプが通したもの、これと比べると少し差が出そうで心配ですw

以前、自分はASUSのGTX560Tiを使っていましたが他社と温度を比べても、当時は同等くらいだったんですよねw

なぜこうなってしまったのかは謎ですがw

とりあえず、自分は今まで使っていたMSIのGTX980が逝去したため、ASUSのGTX1080を予約しましたw

発売がおそらく、6月25あたりで、価格がだいたい11万あたりだということです。

価格自体は、代理店が情報公開を禁止しているので店舗側も発売日まで言えないそうです。

一応、大体の価格は伝えてもらえましたがw

とりあえず、11万くらいは用意しとけとのことです。

いやー楽しみですねーw

この、GTX1080を使ってGTA5やまたもや、BF1が発売された頃にどれくらい、fpsが出るかどうかも検証してみたいと思います!

では、以上です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。