スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

GTAV PC延期 発売後に行うこと。

GTAVがまた延期されましたね。

http://www.rockstargames.com/newswire/article/52394/gtav-updates-online-heists-coming-march-10-gtav-for-pc

コアなGTA5 PCゲーマーなら非常に残念で日く、私も残念に思います。

ですが、この発売までの間にPCの性能をアップグレードしたり、PC整理をしたりする人も多いかと思います。

私もPC内の整理をしたり、PC全体を清掃したりしようと考えています。

また、GTA5発売後は街全体を車などを通して、ドライブをするのが楽しみで仕方ありませんねw

グラフィックは、最高設定でやろうと思いますねww

さすがに4Kはきついですが、BF4でDSRを試しましたが、演習場での場合アンチエイリアスを4X FXAAにしない限り30fpsなどにはならなく、基本的には50以上が安定でした。

まぁGTA5のようにマップも狭く、尚且つ演習場なので建物も少なく、GTAでいう乗り物や市民などがありませんからねw

GTA5では、GTA4のように最適過不足が起こらないことを祈ります。

GTAV PC もう少しで発売

お久しぶりです。

とは言っても、見てくれる人はいないんですがねw

いよいよGTA5発売までこのブログの更新日から、後1ヶ月2日となりました。

発売後は主に、メインミッションでの一部の実況。  例えば、銀行強盗やストーリー上で一番大切な部分などを実況していくつもりです。

その他には、Modを使用したプレイ動画や、Modの導入方法などですね。

GTA4で主にMod導入に用いられた、"SparkIV"は大体、1ヶ月くらいで出たそうです。

GTA5もそのくらいには出そうですね。

一体、GTA5はどのようなファイルの構成になっているのか、そして今まで弄ってきた、"WeaponsInfo.xml"などのファイルはどうなっているのか。

GTA5発売前日にプリロードができるので、見てみたいと思います。

では、発売まで一緒に待ちましょう!

Be Good Play! Be fun!

Grand Theft Auto V PC版延期、そして動作環境も発表

みなさんが待望していた、"GTAV PC"ですが、2015年1月14日の午前12時あたりに延期、そしてスペックが発表されました。

おい、Rockstar!!

これはひどいなと思いましたねw

延期された日付が3月24日となっています。

スペック等の動作環境も発表されましたが、GTAIV PCでも2週間遅れ、今回は2ヶ月です。

恐らく、次回作のGTAViがでるのでしたら2年遅れるんではないかなーとねw

今回、速報として流れたサイト→http://doope.jp/2015/0139555.html


こちらです。

自分は動画にもしたんで、Youtube等で確認お願いします。

最後に動作環境等を貼っときます。



■ 最小動作要件
OS:Windows 8.1 64 Bit、Windows 8 64 Bit、Windows 7 64 Bit サービスパック1、Windows Vista 64 Bit サービスパック2
CPU:Intel Core 2 Quad CPU Q6600 @ 2.40GHz (4 CPUs) / AMD Phenom 9850 Quad-Core Processor (4 CPUs) @ 2.5GHz
メモリ:4GB
ビデオカード:NVIDIA 9800 GT 1GB / AMD HD 4870 1GB (DX 10、10.1、11)
サウンドカード:DirectX 10互換カード
HDD:65GBの空き容量
DVDドライブ

■ 推奨動作要件
OS:Windows 8.1 64 Bit、Windows 8 64 Bit、Windows 7 64 Bit サービスパック1
CPU:Intel Core i5 3470 @ 3.2GHZ (4 CPUs) / AMD X8 FX-8350 @ 4GHZ (8 CPUs)
メモリ:8GB
ビデオカード:NVIDIA GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
サウンドカード:DirectX 10互換カード
HDD:65GBの空き容量
DVDドライブ


遂にGTAVのPC版および、PS4,XboxOneのリーリス確定の発表が現在開催されているE3で行われました。

Watch Dogsと続く感じですねw

自分はWatch Dogsを購入しているので、秋までやってGTAVのPC版が発売されたら、じっくりやりこもうと思います。

ですが、GTAVの最高設定はかなりの要スペックを要求するかもしれませんね。

GTAIVのPCでは当時最高設定をするのは、不可能に近い形でした。

唯一、GTAIVに適されているグラボのアーキテクチャは"Fermi"でした。

今あるのがMaxwellですね。

次にPascalがでますし、どうなるんでしょうねw

遠距離描画もかなりよくなるということなので、すごいです。

VEも高度な編集ができるということです。

以下がGTAVのトレイラーの動画です。


Bone ENBがかなり実写に近かった!

今回新たにENBを導入してみました。

自分が作ったものではなく、Bone氏が開発したBone ENBを導入してみました。

DLはこちら

かなりリアルで実写に近いと実感。

特に夕日が最高ですねw

今まで見た中で、ベストに入りますね。

Photrealstickgraphics8も夕日が綺麗でした。

RealizmIVもむちゃ夕日は綺麗です。

でもなんかエラーが多発してるようです。

このENBは導入するときにフォルダが別になったりしてたり、複雑で導入が難しく、導入ミスでエラーが多発しているようです。


導入方法については、以下を。

1.まず、フォルダ内にある、d3d9.dllなどのファイルがありますので、Read me以外をすべてコピーします。
2.そしてMiscに入ってるものも上書きコピーします。中にあるvisualSettings.datなどは元から入ってるので、いりません。後vegetationは木のテクスチャーModですので、リアルにしたいなら入れるべき。ほかにもいいのがあるので、組み合わせるのもありです。

これで大体は完了です。

でもほかにもスペックがハイスペックであれば、"Powerful computer version"があるのでその中のものを導入すれば、アンチエイリアスの効果が増えます。

そして明るさが足りない場合は"More brightness - recommended for modded textures"内のものを入れれば、明るくなります。

その中にも"Powerful computer version"があるので、それを入れれば明るくもなり、アンチエイリアスも効果抜群となります。

ちゃんと導入すれば、リアルで実写に感じるので、後は好みの設定で調整すれば、さらによくなります。

ではSSをはりますw

enb2014_4_8_16_32_39.jpg

enb2014_4_8_16_28_32.jpg

enb2014_4_8_16_28_6.jpg

enb2014_4_8_16_24_31.jpg

enb2014_4_8_16_24_19.jpg

enb2014_4_8_16_8_54.jpg

enb2014_4_6_16_31_10.jpg

enb2014_4_6_16_30_55.jpg

enb2014_4_6_16_8_45.jpg

enb2014_4_6_16_6_52.jpg

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。